十人十色!風俗を始める・辞める理由が知りたい!

風俗のバイトを始めたきっかけと辞めた理由

どんな理由があって風俗で働く事になったの?

昼の仕事よりも稼げる風俗で働きたい。そう思ったら、店舗に目星をつけてアポを取り面接をすればほとんどのその日から体験入店として働けます。風俗を含む水商売は身分証明と最低限の知識や礼儀があればどんな方でも働く事が出来るのが特徴です。
昼の仕事とは全く違い全てマニュアルに書かれている訳ではありません。接客や売れる為には何をすればいいのか?自分のアピールポイントなどは自分で考えて試行錯誤していき、売上を伸ばしていきます。
風俗にもいくつかの種類があり、ソープランド以外、本番行為はNGです。そんな風俗業界ですが、若い世代を中心に働きたいと考える方が多くいる様です。ここでは風俗で働くきっかけや辞める理由についてピックアップしているので、これから風俗に参入される方はもちろんの事、いつ辞めようか理由を探している方に役立つ情報です。
ちなみに風俗と言えば昼の仕事よりも稼げると言われていますが、どの程度稼げるのでしょうか?業種やエリア、コンパニオン自身の営業力にもよりますが月収30~100万円程で、それ以下は稼げない風俗嬢に入ります。売れっ子になるとそれ以上稼ぐ方も多く、客観的に見ると始めるきっかけはあっても辞める理由が無いのでは?と思います。
とはいっても身体にかかる負担や売上の面もあるので、いつまでも続けられる仕事ではありません。実際に風俗で働いていたコンパニオンに聞く、リアルなきっかけ・理由について紹介していきます。

風俗で働く為には

風俗で働く、という事をおおっぴらに言える場所は数少ないですが、それでも時代は性にオープンになりつつあります。 風俗で働くきっかけをいくつかピックアップして紹介しているので、自分と同じきっかけやこれから働きたいと考える方の後押しになるかもしれません。

スパッとやめた!風俗を辞めた理由は?

昼の仕事よりも大金を稼げたり、時間の融通が効いたりする風俗ですが、ある事がきっかけになってスパッと辞めた方も多くいます。その辞めた理由について説明します。 今まさに辞めようと考えている方や、いつまで続けるのか考えている・辞め時に迷いがあったりする方は参考にして下さい。

続けるも辞めるも心を強く持とう

別の項目で説明した様に、昔よりも性に対してオープンになっている方が多い中まだまだ特殊な業種である風俗に対して偏見を持つ方もいます。 それ以外にも風俗を始める、辞める場合には自分を信じて心を強く持たないと誘惑に負けてしまう事があります。ここではそんな注意点を説明しています。

TOP